赤い果実に小さな幸せ

赤い果実に小さな幸せ
そのまま食べておいしいフルーツミニトマト

「じょんならんトマト」って?

「じょんならんトマト」は
トマトがお好きな方はもちろん、トマトが嫌いな方や、お子様にも
おやつ感覚でお召し上がりいただけるフルーツミニトマトです。

品種改良の積み重ねと徹底した品質管理によって
フルーツの様な甘さと食感を実現しました。

おいしさの秘密

糖度へのこだわり

通常のトマトは
糖度が8~9度ほどですが、
じょんならんトマトは
10~13度の糖度を誇っています。
一般的に流通している
いちごが9~10度なことと比べても
数値として高い甘さがある
トマトということが言えます。

食味へのこだわり

糖度が高いことだけが
おいしさにつながるわけではありません。
皮の薄さ、程よい酸味、
青臭さが少ないこと、えぐみの少なさ
「じょんならんトマト」の美味しさは
全てがバランスよく整っていることで
実現されているおいしさです。

自然交配へのこだわり

「じょんならんトマト」は
ニホンクロマルハナバチという蜂に
全て交配を任せています。
自然交配で交配したトマトは、
人工交配に比べてゼリー部分が多くなり、
糖度を上げたうえで、トマト本来の酸味も
保つことができます。

土のこだわり

長年の園芸農家で培った技術で、
複数の土をブレンドした、
トマトがすくすくと育つ
最適な土壌を用意しています。

品質管理

水分管理… 季節と天候によって必要な水分量は違います。
苗一本一本に毎日適切な量の水分量を送っています。
肥培管理… 季節と天候によって最適な肥料バランスは変わり、
苗一本一本に毎日適切なバランスの肥料送っています。
栽培環境管理… 季節と天候など環境によってストレスがかからないように
光量、湿度、温度、二酸化炭素量をコントロールしています。

「じょんならんトマト」を生産するモリヒロ園芸は
「誠実な商品とプラス1の付加価値でエンターテーメントを創造し、
すべての人を笑顔にします」
という理念を携えて、園芸農家として創業しました。

鉢花生産の閑散期になにか作れるものはないかということではじめた家庭菜園で育てられるキッチントマト(苗木販売)の生産からモリヒロ園芸でのトマト生産がはじまりました。

もともとは苗木の販売のみで、トマトそのものの販売はしていませんでしたが、西日本集中豪雨での大規模な災害に伴う受注減から、トマトを収穫してみたところ普段口にするものよりも美味しく、ミニトマトの可能性を感じました。

代表の森川が農業資材メーカーで勤務していた時に甘いトマトを生産する仕組みを提供しており、そのノウハウを基に品種改良や、品質管理などを試行錯誤し、現在の「じょんならんトマト」を完成させました。

また、園芸農家として長年やってきたことから、食味だけではなく、見た目の美しさ、均一さなどへもこだわり今までにはなかったギフト向けのフルーツミニトマトとして「じょんならんトマト」のブランド化を成功させることができました。

食べておいしく、贈ってもらって嬉しい、また食べたくなる、人に進めたくなるような笑顔を広げられる商品を今後も開発していきたく思っています。

ギフト用トマトのご購入

ラッピング・のしシール対応

ギフト用「じょんならんトマト」では、桐箱等のギフト用の化粧箱に加えてラッピング・のしシールにも対応しています。商品をご注文の際、一緒に選択・ご入力ください。

メッセージカード対応

大切な方への贈り物に、メッセージカードサービスも承っております。商品をご注文の際、一緒にご入力ください。

金額表示なし納品書対応

贈り物として直送の場合や、ご希望の方には、金額表記のない納品書をおつけいたします。

じょんならんトマト プレミアム

名称:トマト
原産地:香川県
内容量:約1.4kg
配送方法:常温便(夏場は冷蔵便になります。)

4,300円(税抜・送料込)


ラッピング
のしシール
メッセージカード
配送先について

直売所での販売も行っております

農園の直売所でのトマトの販売も行っております。
下記の会社住所までお越しください。

会社概要

会社名 有限会社モリヒロ園芸
設立 平成12年7月
資本金 300万円
代表取締役 森川 裕介
従業員数 13名(パート含む)
取引銀行 観音寺信用金庫
所在地 香川県観音寺市高屋町942